壮絶。クレーマーとのやり取りを全公開。

先週、クレーマーから誹謗中傷、脅し行為(営業妨害をすると告知)を受けたため
メールでやり取りをしていましたが、そのやり取りを全て公開します。

マリ@側にもメールの内容に少し喧嘩を買ってしまったような文面もありますので
マリ@側に否が無いとは言いませんが、ちょっと相手の内容が酷すぎるのでここに公開させて頂きます。
メールのやり取りの終盤には、警察へ通報する・国税局へ申請する、などという脅迫じみた内容が並びます。
最終的には、こちらの反論を全て無視して、メールの受取拒否をされました。
(逃げた状況)


【1】経緯

10月7日、旧会員の皆様へ下記の案内をメールで送信しました。

-----------------------------------------
【会員限定特別案内】

・ 毎日王冠 [1点提供]
・ 京都大賞典 [1点提供]
・ サウジアラビアRC [1点提供]
・ 魚沼特別 [1点提供]

▼ 4レース全部1点提供します。
▼ 4戦全ての1点的中を保証します。
▼ 1つでも外れた場合には、マリ@騎手予想
8勝保証(的中保証)18000円を2セットを無償継続提供します。

□(毎・京・サ・魚)4戦全て1点提供 → 9,000円 で販売します。
□お申し込みはメール返信にて受付します。
-------------------------------------------


上記の案内を見て、クレーマーであるA氏が申し込みをされました。
※以降A氏
A氏は9000円を10月9日に送金され、着金を確認しました。

毎日王冠、京都大賞典、サウジアラビアRC、魚沼特別は4戦0勝。
全ての予想が外れた為、

1つでも外れた場合には、マリ@騎手予想
8勝保証(的中保証)18000円を2セットを無償継続提供
の権利をA氏は得る。

ここでマリ@側に不備がありました。

8戦保証の予想提供は、翌週から開始される予定でしたが、配信ミスが生じてしまい
A氏に予想を配信出来ませんでした。

配信ミス(A氏への配信が抜けていること)について、マリ@側のシステムでは確認することが出来ず
以降2週間に渡り、予想配信が出来ていない状況が続きました。

11月2日
マリ@が予想代金の振り込み口座へ指定している、みずほ銀行より電話連絡がありました。
「間違えて振り込みをした○○様というお客様が、組戻を要望している」
という内容でした。

ここで配信ミスや配信の抜けなどがあるかも知れない
ということで、改めてメールの送受信履歴をチェックすることになります。
マリ@は、Yahooメールを利用しています。
Yahooメールを改めて過去1ヶ月分見直したところ、A氏の配信に抜け(配信ミス ※予想が外れたことによる無料提供)があることが確認出来ました。
完全にマリ@のミスですので、すぐに謝罪メールの準備に取り掛かったところ
迷惑メールフォルダに何通かメールが振り分けられている痕跡がありました。
(迷惑メールフォルダの受信メールの数が増えている)
迷惑メールフォルダを確認したところ、A氏から2週前より問い合わせのメールが届いていました。
Yahooメールが、理由はわかりませんが
A氏からのメールを迷惑メールフォルダに全て振り分けていたのです。

A氏には、連絡が遅れた理由(迷惑メールに勝手に振り分けられた)と、配信ミスはこちらの確認ミスであること
今週末より配信は再開する、とメールにて連絡をしました。

しかしA氏は謝罪を受け入れず、ブチ切れ。
誹謗中傷を繰り返し、脱税しているから国税局へ通報する、警察へ通報する
金を返せと脅し行為を繰り返した挙げ句、最終的にはこちらからのメールをすべて「受信拒否」してシャットダウンされました。


【2】メールやり取りの全内容、マリ@の見解

時系列で迷惑メールに振り分けられた初週より掲載します。
A氏のメール、マリ@のメール
一言一句全て漏らさずに掲載します。
A氏の名前の部分のみ、ぼかしています。

2020.10.25.09:29
迷惑メールフォルダにA氏よりメール受信



2020.10.25.22:02
迷惑メールフォルダにA氏よりメール受信



2020.10.31.09:20
迷惑メールフォルダにA氏よりメール受信



2020.10.31.10:36
迷惑メールフォルダにA氏よりメール受信



2020.11.1.08:48
迷惑メールフォルダにA氏よりメール受信



11月2日、みずほ銀行からの連絡により、迷惑メールにA氏からのメールが来ていたこと
A氏への配信が抜けていたことを確認。すぐに謝罪メールを送信する。

2020.11.2.16:28
A氏へ謝罪メールを送信。


2020.11.2.16:29
念のため、添付メールを削除したメールもA氏へ送信。
※docomo宛の為、添付があると弾かれる可能性がある為



非を認め謝罪、無料配信はすぐに開始すると伝えました。
これでこの件は終了すると思いました。

11月3日はJBCが開催される為、謝罪メールを送信した後、JBCの予想を送信しました。
(ペナルティ配信)

2020.11.2.16:58
JBC勝負予想をA氏へ送信。


予想成績
JBCスプリント 不的中
JBCクラシック 馬単260円、3連単520円 的中
JBCレディスクラシック 軸馬3着 不的中

2020.11.2.17:17
A氏に予想を送信。



予想成績
JBC2歳優駿 不的中


2020.11.2.23:17
A氏よりメールを受信。



だから、申し訳ございません
と謝罪をして、すぐにペナルティ配信を開始しているのに、JBC予想を受け取っているにも関わらず文句を付けてきました。
さすがに少しイラッとしたので、下記のように返信しました。(これが火に油を注ぐ結果になりました)
ちょっと言い方が悪かったです。

2020.11.2.23:55
A氏へメールを返信。



2020.11.2.23:59
A氏へ同じ内容のメールを念のために再返信。



2020.11.3.00:11
A氏へメールを送信。
イライラしていたので大人げない内容のメールになってしまいました。
これが更に火に油を注ぐ結果に。


※ジャパネットというのは仮名。

2020.11.3.10:57
A氏より反論のメールが送られてきました。


通常、すでに相手に着金済(振込が完了している)送金分を、組戻など出来ません。
すでに相手が受け取り済の場合(相手の口座に入金済)、そんなに簡単に組戻し依頼などは出来ないはずです。
それ相応の理由を銀行へ伝えないと、銀行も組戻し処理を受け入れるとは思えません。
ネットの画面から何の理由も言わずに組戻し申請なの出来るのでしょうか?

また、不利益を受けたとA氏は言われているのですが、すでにペナルティ配信は1週分は受けていて
2週間の抜けはあったにしても、昨日から再開されているので、A氏は不利益を被ってはいません。
この辺りから、A氏の反論は感情的になり、内容が破綻しています。

2020.11.5.02:26
2020.11.5.02:27

A氏へメールを2通送信。 また大人げないメールを送ってしまいました。




2020.11.5.14:33
A氏より反論メール。やはり前回のメールは火に油を注ぐ結果になっていました。


先に文句を言ってきたのはA氏です。
ヒステリーババア (誹謗中傷)
謝罪をしたのは一番初めのメールですね。
既にペナルティ配信は始まっているし、そもそも今回の9000円は4レース1点予想の対価なので、返金は出来ません。

2020.11.5.14:34
A氏より続けて反論メールが届きます。かなり感情的になっています。


ヒステリーババア(誹謗中傷)
謝罪したのは一番初めのメールだって・・・・・。


2020.11.5.14:37
A氏より続けて反論メールが届きます。



今度は詐欺師呼ばわりです。
メールを送らなければ無視していたんだろう? と言い始めます。
確かにこれはその通りで、完全に配信対象から除外されていたので、メールが来なければペナルティ配信はされなかったでしょう。
しかし、メールの返信が遅れたのはYahooメール側の振り分けの問題であって(勝手にA氏のメールを迷惑メールフォルダへ入れた)
それが原因で配信ミスの確認が遅れたのであって、ペナルティ配信をしないことを前提にしていたわけではありません。
A氏はこの後、ペナルティ配信なんてそもそもする気が無かったんだろ!と言い出しますが、それは大きな間違いです。
マリ@では、既に半年以上に渡って無料で旧会員の方にペナルティ配信を実施している実績があります。

2020.11.5.21:11
2020.11.5.21:20
2020.11.5.21:29
2020.11.5.21:40

A氏へメールを4通送信します。だんだん泥沼化して来ました。
しかしこの4通、A氏を更に怒らせることになりました。私も少し感情的になり過ぎました。反省点です。









2020.11.5.22:04
2020.11.5.22:07
2020.11.5.22:09

A氏より反論メールが3通届きます。もはや理解不能の内容です。



詐欺師の馬鹿(誹謗中傷)
最初からすべて外れるのも見越しての発言を自分で言葉にした、と書かれているのですが
一体どこをどう読むと、予想が全て外れるのを見越した発言になるのでしょうか? 理解が出来ません。
この後、続けてA氏よりメールが届きます。





とうとう営業妨害をする、とまで言い出しました。
仮に、マリ@がA氏に対して、ペナルティ配信を一切せず、問い合わせにも返信もしていない
というならわかりますが、そうではないのです。
にも関わらず、マリ@に誹謗中傷を繰り返し、更には詐欺師呼ばわりして、それをネットで発信するというのですから
こちらももう黙ってはいられません。(ずっと黙ってないからこうなってるわけですけど)



2020.11.6.09:37
2020.11.6.09:39

A氏へ抗議のメールを2通送ります。



2通目、一番やってはいけないことをやってしまいました。
クレーマーに「あなたはクレーマーだ」とメールに書いてしまったのです。
これは大失敗でした。A氏に更に火に油を注ぐ結果になりました。
イライラしていたとはいえ、メールの文章もやりすぎました。


2020.11.6.10:22
2020.11.6.09:37

A氏から続けて2通の反論メールが届きました。
もう文章が意味不明です。
営業妨害をやるぞ!と先日は言い放ったのに、次の日には
「そんなバカな真似をして私に何の特(得ですね)になるのか」 と返してきました。
A氏が自らそのバカな真似をやると言い出したのでは?





A氏も失言が多いですが、このメールは酷いの一言です。
そもそも、マリ@は一番初めのメールで非を認めて謝罪しています。
逆切れと嫌がらせをしているのはA氏のほうで、マリ@は何もしていません。(メールで反論はしているけど)

精神が病んでいる(誹謗中傷)
更年期障害(誹謗中傷)
精神異常者(誹謗中傷)

2020.11.6.15:38
A氏へ返信しました。もう返信しなければ良かったのですが、我慢出来ませんでした。


2020.11.6.16:28
2020.11.6.16:33

A氏へ土曜日の予想を送信しました。揉めてる最中でも約束は守ります。




予想結果
阪神10R 単勝250円 的中、馬単4710円 的中、3連単25620円 的中、複勝140円 的中
福島12R 単勝270円 的中、馬単970円 的中

2020.11.6.19:05
A氏から返信が届きました。(土曜の予想が3戦3勝なのは完全無視)


メールの内容が完全にこちら側の真似をしているだけで、意味不明になっています。
頑張って反論しようとしているのは文章から読み取れますが、事実が1つもありません。

「自分の私に対する誹謗中傷は載せないで」
と書かれていますが、マリ@はA氏に対して誹謗中傷と取られるような文章は1つも送っていません。
一体、どの文面から誹謗中傷と取ったのでしょうか?
そして、嫌がらせも一切していません。
むしろ嫌がらせをされているので、それに反論しているだけです。
もうまともなやり取りが出来ないようでした。

2020.11.6.23:09
A氏へ反論メールを送ります。もう辞めとけばいいのに、大人げないですね。わかっています。


2020.11.6.23:14
2020.11.6.23:22

予想をA氏へ日曜日分の予想を送信します。約束はきっちり守りますよ。




日曜の予想は3戦0勝でした。

2020.11.6.23:23
A氏よりメールが届きます。もう内容がめちゃくちゃです。


嫌がらせをしているのはA氏・・・・・
法律違反をしているから、消費者センターへ相談する。(もはや完全なる逆恨み)
脱税が明白?! もうわけがわかりません。
あやしい商売? なら申し込むなよ・・・・・
もうどこをどう突っ込めばいいのかわかりません。
とりあえず、一般常識を返信します。

2020.11.00:18
A氏へ反論。


2020.11.7.00:44
A氏よりメールが届きます。その内容に驚愕。


あれだけ毎週会員募集してると、あり得ないらしいです。
笑うしかないですね、メルマガなどで会員募集すれば、簡単に会員登録が増えると思い込んでいるのでしょう。
世の中そんなに甘くありません。
マリ@のメルマガ読者は2000人弱いますが、毎週2000人に会員募集をかけても一人も入会しない週なんて普通にあります。
競馬予想会社では、おおよそ会員募集をかけると0.01%くらいは会員になるだろうとは言われていますが
コロナが発生して以降は散々なもので、2000名の読者に毎週募集をしても1ヵ月0人の入会の月もあるのが現状です。
「私だけで2万くらい払っている」
そう、A氏は優良顧客だったわけです。それがたった1度の配信ミスで逆切れされてこうなるのですから
商売というのは難しいものですね。
しかし、このA氏の返信はおかしなところだらけです。
すぐに反論しました。

2020.11.7.14:43
2020.11.7.15:13

A氏へ反論。




マリ@とA氏とのやり取りは、銀行振込みのみ。
ですから、突然領収書を切ってないから脱税してるだろ? とか意味不明なんですよね。
税金の知識が無くてもわかりそうな話なのですが、A氏の言い分はめちゃくちゃで
しかもそれが「税務職員の友人から聞いた話」だと言うわけです。
税務署の人が、銀行振込の取引に領収書を切ってないから「脱税している可能性がある」なんて言います?
銀行振込ですよ? 銀行口座に履歴残ってるじゃないですか・・・・・

するとこの後、A氏から反論が届いたのですけど、それはもう完全に破綻している内容でした。

2020.11.7.16:01
嫌がらせも程々に
と書いてあるのですが、嫌がらせをしているのはA氏
A氏の送ってくる理解不能なメールに反論をしているのがこちら側です。
自らが嫌がらせや誹謗中傷を繰り返していたのに、それを一切無かったことにして
嫌がらせとして、こちらのメールを公開するようです。

しかし、マリ@のメールを公開しても
嫌がらせの証拠には全くならないと思うんですけどね・・・・・ 完全に破綻しています。

警察にも通報するしかないと言われていますが、このA氏は警察に一体何を通報するのでしょうか?



2020.11.7.16:06

これが実質、A氏から届く最後のメールです。これ以降、受信拒否をしています。
下記のメールを見て頂くとわかる通り、マリ@が指摘した「税務職員がそんなことを本当に言ったのか?」
という問いには一切答えず、

警察に通報する!
国税局に通報する!(申請じゃないんかーい)
税務職員より詳しいなら違う職業につけ!(論破されて逆切れじゃないか・・・・・)

受信拒否も、恐らくついた嘘に対する反論がもう出来なくなったからでしょう。
( 税務署の友人に聞いた、嫌がらせを受けた、脱税 etc )



A氏のメールに反論する=嫌がらせ
になるようですから、もはや正常なやり取りは不可能ですね。

完全に破綻しました。

A氏は何故か脱税してるだろ
と言い張るわけですけど、その理由が「銀行振込みで領収書を切ってない」から。
本来脱税って、現金取引で領収書を切らないでその現金をそのまま隠したり、領収書の金額を色々いじって脱税するわけですよね。
銀行振込みの取引しかしてない相手に、銀行に振り込んだのに領収書切ってないからお金隠してるんだろ!
って、そんなことを税務職員の方が言うとは思えないんです。
だって、銀行口座に入出金履歴が残るんだから。
毎週募集してるのに、会員が少ないわけがない!とか、もう完全に妄想拡大しすぎです。
毎週募集して有料会員がポコポコ集まるなら、みんな誰でも簡単に大金持ちになれますよね。

ちなみに、マリ@のような小規模な予想サイトの売り上げは、どんなに良くても年間50万(最高でも)も超えないですね。
今年に至っては、おそらく11月12月にかなりの会員数の増加がなければ、10万に届かないでしょう。
新規参入考えている方はお薦めはしませんけど、副業にはいいかもしれないですね。

世間はそんなに甘くはありません。メルマガ読者数も約2000名と表示されていますが(競馬TV)
この2000名も実際はそこまで多くないでしょう。競馬TVのシステムや内情をよく知らないのでわかりませんけど
感覚的には1000名くらい、メールが届いている人はもっと少ないのではないでしょうか?

A氏は警察に通報する、とも言っていますが
嫌がらせ行為を受けた、と警察に通報するのでしょうか?
その嫌がらせ行為は、A氏のメールに反論したことなのでしょうか?
何が何やらって感じです。

このページでは、A氏との壮絶なやり取りをすべて掲載しました。

A氏が、マリ@の営業妨害をする、と言い放っている以上
それに対抗する策としては、A氏との詳細なやり取りをここに掲載して、マリ@には非がないこと
ペナルティ配信はしっかり行っていることをきっちりと掲示して、被害を防ぐしかありません。

※口コミサイトに書かれたら、それを挽回するのは難しいですが・・・・・。

2020
11/9以降
口コミサイトなどで、マリ@を批判すような口コミを発見された方は下記までご連絡下さい。
お礼として、マリ@の予想を無料提供させて頂きます。(2日間)
marikamarika999@yahoo.co.jp


A氏への御連絡
11/7以降、受信拒否をされているため
ペナルティ配信が送信出来ない事態となっています。
ペナルティ配信の期間が終わるまで、予想を受け取れるメールアドレスを新たに連絡頂く必要があります。
なお、機械的に受信拒否中のアドレスには毎週予想が送信されます。
( 受信拒否なのか、メアド変更をしたのかは不明 )
毎週予想を送信した証拠になります。
受信拒否、メアド変更中に送られた予想についても、ペナルティ配信期間として消化しますので
早急に御連絡をお願いします。



マリ@ 2020.11.10 AM1:57更新